風と共に


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 5321
タイトル Re: ツアー追想
投稿日 : 2018/02/21(Wed) 19:52:59
投稿者 スイスの旅芸人
参照先

2月9日の今池アクシデンツライブの最終リハをやるため31日
名古屋へ向かったのだ。
アクシデンツメンバーは俺以外名古屋在住なのだが去年の5月
ステージデビューし10月に2度目のライブをやったばかりなのだ
リハは俺がツアーの途中で寄ったりするくらいで俺がリハに参加
したのは4回くらい、メンバーは俺がいない時にも集まりリハをやっていた。
そうそうまずは「今池アクシデンツ」を始めるにあたり俺のレパートリーから選曲することになりアレンジされた音源を彼らに聴かせたら
それにどうしても引っ張られるだろうし、俺はこのバンドがバックバンドになることを望んでいなかったしメンバーもそうだったろう。
去年の初めPCMレコーダーを買い弾き語りの音源をメンバーに送り
彼らに新しい解釈を求めた、「ふむふむ!なるほどね」もあったし
「え!まじか」もあったがメンバーがよしとしたものはステージに
上げた、10月ライブの時には俺の詞バンマス森くんの共作も出来
レパートリーは増えてきた、そのライブ後森くんが「このバンドいい
感じになってきているけど、このままライブのノリだけでやっていたらそれ以上は望めない、細部をつめ確かなものを確認しなきゃ決して
イカシタ・バンドにはならない」ふむふむ、そして「将来のCD化も目指しスタジオレコーディングをしよう」う〜んなるほど。
しかし俺カラオケで唄うこと出来ないよ、森くん「え!」とメパチクリだったがメンバーは集まりデータ交換しながらバンドのオケ作りを
していた。
1日目のバンドリハ2ヶ月ぶりに唄ったこともあるが何せこのバンド
は出音がデカイ、マイクがあるとはいえ、ついついシャウトしてしまい喉は疼き出していた、今回の名古屋リハは初めての2日連続だったので森くんは「かなやん、リハは夜からだけど昼過ぎ我が家に来て
オケで唄ってみない」う〜んしぶとい男だ!
何十年ぶりにカラオケで唄ってみたさ。
う!何か以前と違う感じと新しい発見も感じられた、ソロで唄う曲
とバンドで唄う曲は同じ曲でも違うものになる筈だしならざらるを得ない、それは俺が望んだことでもある。
このバンドでのヴォーカリストのあり方のヒントをもらった。
そして2日目のリハを終え打ち上げで酒を呑み、9日のスパークした
ライブを約し2月2日不安を残す羽田ー旭川飛行機便を目指し羽田へと新幹線へ、喉は疲れていたがねまだライブ1本もやってないのに。

続く加奈?

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -